シンガーと作曲家を繋げる、歌声専門フリマ「うたいれ!」はこちら

リップロールで得られる4つの効果

ボーカル

リップロールとは、唇を軽く閉じで息を吐き出し、上唇と下唇の細かい開閉を行う事です。ボイストレーニングで正しい発生方法を習得する練習のひとつとして、とても理にかなっており、効果的にトレーニング効果を出すことで知られています。

リップロールで得られる4つの効果

リップロールで得られる効果としてこのような4つがあります。

  1. 表情筋のリラックス
  2. 音程を正しく取りやすくなる
  3. 横隔膜のトレーニング
  4. 地声を裏声をなめらかに繋ぐトレーニング

表情筋のリラックス

歌う時に重要な事は、緊張せず、自然体で歌うこと、つまりリラックスすることがなにより重要になります。トイレを我慢していたり、大勢の観客に注目されていたら、普段通りに歌うのは困難になってきますよね。

そんなときに、リップロールをすることで、上唇結筋、頬筋、笑筋などの唇の周りの筋肉を使い、リラックスさせる効果があります。

音程を正しく取りやすくする

音程とは、声帯が収縮し、振動することで作られています。リップロールで音程を上げたり、下げたりするとき、動くのは声帯のみになるので、声帯だけで音程を作るには基礎的なトレーニングになります。

横隔膜のトレーニング

腹式呼吸で横隔膜を使い、スムーズに息を吐き出す練習にリップロールは最適です。理由は普段の声を出す時よりも、肺活量が必要となるからです。10秒のリップロールを3回繰り返すだけで、かなりの負荷が得られますよ。

地声を裏声をなめらかに繋ぐトレーニング

口を開けている時の発生と違い、リップロールでは唇をつけているために、大きな音がでません。そして、地声とは音圧が違うので、大きな音がでません。

そこで、リップロールで地声を出し、裏声にシフトしていくと、地声から裏声への以降がスムーズに出来るようになります。

リップロールの練習を取り入れて効率的にトレーニングを

簡単だけど、とても合理的に発声を高めるトレーニング方法のリップロールがもつ主な4つの効果はいかがでしたか。ぜひお試しください。

もっと歌が上手くなるための一歩を踏み出そう

もっと歌が上手くなりたい歌声にもっと自信をつけたい、そんな時は一度プロのボイストレーナーに相談してみるのはいかがでしょうか?基礎から一度見直してもらったり、歌の悩みを相談できたりと、多くの学びがあります。

どんな雰囲気でレッスンをしているかを掴むためにもまずはお近くの無料体験レッスンが出来るマンツーマンのボーカルスクールに一度足を運んでみるのはいかがでしょうか。

ボイストレーニングを受けて今よりももっと上手く歌えるようになって、多くの人を感動させられる歌への一歩を踏み出してみましょう!