シンガーと作曲家を繋げる、歌声専門フリマ「うたいれ!」はこちら

カラオケで歌が上手く歌える3つのコツ

カラオケ

今回は、歌うことが大好きなあなたに、カラオケで歌が上手く歌える3つのコツをお伝えします。

シンプルな内容ではありますが、ズバリこちらの3つです。

  • ボリュームの上げすぎない
  • エコーをかけすぎない
  • 歌詞を暗記して画面の歌詞を追わない

是非3つのコツを押さえて、うまく歌えるようになってみましょう!

ラオケで歌が上手く歌える3つのコツ

ボリュームの上げすぎない

1つ目は、カラオケ音源のボリュームを上げ過ぎないことです。

大音量でカラオケをするのは確かに気持ちが良いのですが、歌っている時に、自分の声がしっかり聴こえないと、音程やリズムをはずす原因となってしまいます。カラオケ音源を聴くのももちろん大事ですが、それ以上に自分の声をしっかり聴くということを意識して歌いましょう。

エコーをかけすぎない

2つ目は、エコーをかけ過ぎないことです。エコーをたくさんかけたほうが、なんか上手く聴こえる、と思っている人も結構いるのですが、私はあまりおすすめしません。

その理由は、エコーをかけ過ぎると声の輪郭が無くなってしまい、カラオケ音源と声が混ざり合いす過ぎて、自分が正確な音程で歌っているか、正確なリズムで曲にのれているか、という大事なポイントが判断しにくくなってしまいます。

また、歌を聴いている側の人にとってみても、エコーが効き過ぎた声は必要以上にうるさく感じますので、是非、気をつけてみて下さい。

歌詞を暗記して画面の歌詞を追わない

3つ目は、なるべく歌詞は暗記して歌い、画面の歌詞を追わないことです。

これは、たとえば自分の一番得意な曲だけでもいいので、是非試してみて下さい。「画面に歌詞が出てくるからいいじゃないか」って思う方も多いかもしれませんが、歌詞を覚えていないとワンフレーズごとに微妙に迷いが生じています。これは、言葉を間違えるかもしれないという迷いです。

その迷いは音程の不正確さにもつながります。この迷いが歌詞を暗記することでゼロになり、あとは音程を気にするだけでよくなります。音程だけに集中できることで、より上手い歌が歌えるわけです。是非、お試しください。

もっと歌が上手くなるための一歩を踏み出そう

もっと歌が上手くなりたい歌声にもっと自信をつけたい、そんな時は一度プロのボイストレーナーに相談してみるのはいかがでしょうか?基礎から一度見直してもらったり、歌の悩みを相談できたりと、多くの学びがあります。

どんな雰囲気でレッスンをしているかを掴むためにもまずはお近くの無料体験レッスンが出来るマンツーマンのボーカルスクールに一度足を運んでみるのはいかがでしょうか。

ボイストレーニングを受けて今よりももっと上手く歌えるようになって、多くの人を感動させられる歌への一歩を踏み出してみましょう!