シンガーと作曲家を繋げる、歌声専門フリマ「うたいれ!」はこちら

簡単にできるデスボイスの出し方のコツ

カラオケ

ロックやメタルが好きな人、一度デスボイスを出してみたいと思った方はいませんか?

好きなバンドのボーカルが出していたり、歌い手さんが出していたり…最近はポップな曲にアクセント的な感じでデスボイスを使っている方も多くなってきていて、デスボイスに憧れるようになった方もいるのではないでしょうか?

そんな方に、すぐ出来るようになるデスボイスの出し方を伝授いたします

簡単にできるデスボイス

まずデスボイスは和製英語で、海外ではスクリームと言います。スクリームの出し方は大きく分けて二つあり、低い音のフォールスコードスクリーム高い音のフライスクリームがあります。

フォールスコードスクリーム

仮声帯と呼ばれる怒鳴り声や咳の声で出す低音域のデスボイス。ちなみに喉は使わないので痛めることはありません。

フライスクリーム

フォールスコードスクリームを裏声(厳密には地声と裏声の中間のミックスボイス)を使ったようなイメージ。ポップスなどで使われることが増えています。

出し方について

それでは出し方について説明します。厳密には両方とも異なるのですが、どちらも喉を使わず仮声帯というものを使うので似たようなところから練習が可能です。

フライスクリームもフォールスコードスクリームもまず喉から過度に息を吐きます。ここがわからずつまづいてしまう人が多いのですが、イメージでいうと咳払いをするのが近いです。咳払いを長くし続けると喉(厳密には仮声帯というところ)が震えると思うので、その状態を維持すると、もうデスボイスの土台ができています。

怒った時にがなる時の声とも似ていると思います。フォールスコードスクリームはその咳払いを続けた声で、喉の低く奥の場所が震えている状態になります。フライスクリームは、咳払いからどんどん喉の上の方を震わせていくとできると思います。

喉が痛くなる場合は声帯を使ってしまっている場合もあるのでやり方を見直してみると良いです。

まずは簡単なところから

コツを掴めばすぐにできるようになると思います。これで簡単なデスボイスの出し方はできますので、まずは楽しんで使ってみて下さい。カラオケなどでも使うと面白くなります。ハマったらぜひしっかりとした練習を積んでみて下さい。

もっと歌が上手くなるための一歩を踏み出そう

もっと歌が上手くなりたい歌声にもっと自信をつけたい、そんな時は一度プロのボイストレーナーに相談してみるのはいかがでしょうか?基礎から一度見直してもらったり、歌の悩みを相談できたりと、多くの学びがあります。

どんな雰囲気でレッスンをしているかを掴むためにもまずはお近くの無料体験レッスンが出来るマンツーマンのボーカルスクールに一度足を運んでみるのはいかがでしょうか。

ボイストレーニングを受けて今よりももっと上手く歌えるようになって、多くの人を感動させられる歌への一歩を踏み出してみましょう!

コメント